羽田空港の国内線ターミナル利用方法をチェックしておこう!

初めて飛行機を利用する方にとって、空港という場所は何もかも新鮮に映るのではないでしょうか?
しかし、それは逆に不満を生んでしまうこともあります。
羽田空港の国内線ターミナルを利用する場合、どのような点に注意した方が良いのでしょう?
今回は、羽田空港の国内線ターミナル利用方法についてご紹介します。

第1・第2ターミナルで利用できる航空会社が異なる

羽田空港には毎日たくさんの航空会社が運航する飛行機が離着陸しています。
国内線ターミナルは主に2つあるのですが、それぞれ航空会社によって移動するターミナルが異なるので気を付けましょう。

・第1ターミナル

JALグループ、スカイマーク、スターフライヤー(北九州・福岡航空行き)

・第2ターミナル

ANA、エア・ドゥ、ソラシドエア、スターフライヤー(山口宇部・関西空港行き)

スターフライヤーに関しては、それぞれの行き先によって同じスターフライヤーでも利用するターミナルが異なるので気を付けてください。
また、ANAの北九州空港行きの場合、共同運航便となるため、第2ターミナルではなく第1ターミナルの利用となります。

ロビーから国内線に乗り入れる流れ

空港で手続きを済ませた後、どこから国内線に乗り入れれば良いのか迷ってしまうかもしれません。
チェクインとセキュリティチェックが済めば搭乗可能となりますが、第1ターミナルも第2ターミナルも、2階が出発フロアとなっているのでそちらから搭乗するようにしましょう。

困ったらインフォメーションへ!

どうしても空港は人が多く、しかも迷いやすい場所でもあります。
困ってしまった時は各ターミナルにいくつも設置されているインフォメーションへ行ってみましょう。
空港内の施設について質問することができたり、国内旅行保険などの紹介もしてくれます。
ただし、全てゲート外にあるのでわからないことがある場合は、ゲートに入る前に聞いておくと良いでしょう。

初めてANAを使って旅行される方も、初めて空港を訪れるという方も、羽田空港にはたくさんのショップや便利な施設があるので、探検する気持ちで訪れてみてはいかがでしょうか?